イチゴ鼻の治療と洗顔

イチゴ鼻治療法:イチゴ鼻は普通の洗顔じゃ治らない

イチゴ鼻の治し方

長年悩んでインターネットを調べ尽くして、相当な商品を試して、ようやくイチゴ鼻が解消できました。実践して効果があった方法、なかった方法、いい商品も悪い商品もありました。
少しでも同じ悩みに苦しんでいる人の助けになれば幸いです・・・

 

イチゴ鼻に最も効果的なのは、適切な洗顔

悩んでいる人が最も知りたい情報を先に書きます。

何よりも大切なのは洗顔です。間違った洗顔をしていると、私のように洗えば洗うほど悪化したり、より黒ずんだり、しまいには脂漏性皮膚炎(毛穴の周りが赤みを帯びて炎症を起こすこと)などに悩まされます。
今すぐ下記項目を確認してください。

 

洗顔後のケア

最重要ポイントです。イチゴ鼻の原因は毛穴の中の角質や角栓なので、これを洗顔で取り除くのは正解なのですが、問題はその後のケアです。
毛穴に詰まった汚れを取り除いた後は、当然ですが毛穴が開きっぱなしになってしまいます。このまま放置するのが一番良くないのです!
洗顔後は、必ず美容液や化粧水、乳液などで毛穴の開きを埋めて、十分に保湿しましょう。乾燥させては再度、ボロボロになった角質が毛穴に入り込み、イチゴ鼻は間違いなく悪化します。。。

 

毛穴パックは良くない

市販の毛穴パック、あれは角栓がごっそり取れるので凄くスッキリして、病み付きになりますよね。気持ちは分かります。
ですがあれも良くないです。接着剤で無理矢理角栓を抜き取るようなものなので、敏感肌だと肌荒れや炎症につながりますし、毛穴はやはり開きっぱなしになります。使った当初は毛穴が綺麗になってスッキリした気持ちになりますが、2日もすれば開いた毛穴により汚れがたまり、やはり悪化してしまいます。開いた毛穴は影も深くなり、より黒く見えるのもマイナスです。

 

洗顔料は低刺激・無香料・無着色のものを

当然ですが洗顔料はあまり刺激の強いものを使うべきではありません。角栓ができるような人は肌の角質が毛穴にたまりやすいことからも、肌がそもそもあまり強くありません。自然派石鹸や、ジャムウ石鹸などもいいでしょう。とにかくなるべく優しく、泡がきめ細かく弾力があるものを選びましょう。

私のおすすめは泥石鹸と呼ばれるものです。これは低刺激の上、沖縄の「くちゃ」という特別な泥がイチゴ鼻にとても効果的なのです。次項で詳しく解説します。

 

毛穴の奥の汚れは非常に手強い

汚れや黒ずみは小さな毛穴の奥深くまで入り込んでしまっているので、力任せにゴシゴシこすったとしても落ちません。こすって取れないからといって、ピンセットで角栓を抜き出すなど絶対にしてはいけません。汚れや黒ずみの原因となる古い角質やホコリ、皮脂などはプラスイオンを多く含んでいるので、マイナスイオンを含んだ泥石鹸の泡などで、優しく吸着させるのが良いとされています。細かい泥の粒子が毛穴の奥まで入り込み、汚れを強力に浮かせて吸着します。

 

 

私が使っている洗顔石鹸

参考までに私の使っている洗顔石鹸を紹介します。人それぞれ肌質なども違いますし、向き不向きがありますので、参考までにご覧ください。
私が愛用している洗顔石鹸は、CMやTVなどで紹介されたこともあるので、ご存知の方も多いかと思います。毛穴の汚れをこすらず吸着させたり、汚れを落とした後の保湿成分が含まれているなど、イチゴ鼻の治療に必要な条件が完璧に揃っていました
その商品は「どろあわわ」です。

 

他にも効果的な商品を紹介していますのでこちらをご覧ください。

 

今まで色々な商品や方法を試しましたが、この商品との出会いがイチゴ鼻の治療の糸口になったのは確かです。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ